スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜が寒いっす。パネェっす。

ゲホゲホッ!!ゴホっ!!カハァッ!!吉田です。

いやー参った。とんだ一週間でした。風邪引いてました。

「何だ吉田やっぱり3日坊主か」と思った?思った?俺も思った。

とにかく鼻水と咳がひどかったですね。

相棒
















俺は風邪や鼻炎の時、ウエットティッシュで鼻をかみます。
普通のティッシュだと鼻の下がすぐ荒れて痛くなるのです。
え?フタのとこが削られてるように見える?

ははは、やだなぁ奥さん。

これは俺が寝てる時にネズミが齧った跡ですよ。

もうね、どうでもいいってくらいダウンしてました。



ちなみに俺が発症して少し後に周りでも風邪が流行りだしまして。

案の定といいますか何といいますか

『吉田菌』ということになりました。

まさか28才になってまでそんなイジメを受けるとは思わなかったです。



ところで皆さん、『「東京」にハズレ無し』という格言をご存知ですか。

どこの誰が言い出したか全く知りませんが、これはタイトルに「東京」と付く曲は名曲しか無いという意味だそうです。

俺はそんなにいっぱい「東京」とつく曲を知りませんが、なるほど確かに名曲もしかり、

何ともいえない郷愁を感じさせてくれる曲が多い気がします。


俺が思うに

この曲達は名曲に「東京」と付けたのではなく、

「東京」と付けたから名曲になったのでは無いかと思います。

アレンジャーとして唱えてはいけない説だとは思いますけどね。

そのくらい「東京」という言霊がもつ魔力… といいますか

膨大なイメージを喚起させる力は凄まじいと思うのです。



かなり話がそれましたが
俺の中でも似たような勝手に決めたルールがあります。

それは

『「KEN」にハズレなし』というものです。


これは「KEN」という名(苗字では無く)の付く男性には
世界に誇れる一級の侍が多い、という説です。まぁたぶん違いますけど。



高倉健、渡部謙、横山健、松平健、横山剣・・・・前田健は置いといて。




そしてその中でも俺が大好きな「KEN」さんが先日他界されました。





緒方拳さん。





大好きでした。
その圧倒的な存在感とどんな好々爺も白々しく見える柔和な笑顔とのギャップに「役者」の凄まじさを教えて頂きました。








71歳。あまりにも若い。残念です。







緒方拳さん

















心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。