スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Haunted Mansion vol.4

どうも本編が長いのはともかく前置きまで長いのはどういうわけだ。
無駄なアドリブ多すぎと反省しております。みなさんこんばんわ吉田です。

今回は死ぬほど長いのでひやかしの人はここでけぇってくだせぇ。


それでは元気一杯で参りましょう。最終回、スタートです。



 

物件見学の数日後、大家に電話した。

ハウスクリーニングの交渉をするためだ。


いや、さすがにね、あんなとこには住めませんよ。

皆様には大変ご心配をおかけしました。

でもね、吉田君、おぼっちゃまですから。

嘘です。

強いて言うならプライドが無いびんぼっちゃまですね。うわー最悪。

まぁ大家は人に部屋を貸し出す際に最低限の居住環境を整えなければいけません。

だから俺がハウスクリーニングの要求をするのは当然の権利なんです。

ところがこの大家、世間を知らないどころか常識を知ってるかどうかも怪しい37才(推定)。俺のイヤな予感は的中するわけです。

 


俺「とりあえず、まずは基本的なハウスクリーニングとトイレの改修をお願いします。それから…」



大家「そうですね、わかりましたー。じゃぁ業者さんに連絡して日取りを決めますね。決まりましたらまたご連絡いたしますぅー♪それではー」



俺「え?いやいやちょっと待って下さいよ、」



大家「え?何か?」



俺「いや何かじゃないですよ、大事な事がまだあるでしょう」



大家「……?えっと…何でしょう…?」



俺「は??ちょっと頼みますよ、畳ですよ畳。畳代えてくれなきゃ困りますよ。」



大家「え?畳代えなきゃいけないんですか?」



はぁ?何言ってんだこの生物(クリーチャー)は…



俺「いやいけないですよ、あれじゃ住めませんよ!」



大家「はぁ…そうですか…。でも畳の取り替えはお金がかかるし…」



俺「いやいや何言ってるんですか(怒)!!あんな畳に荷物置いたらすぐ床が抜けますよ!



だいたい取り替えるつもりだったから、お部屋を見せて頂いた時(Vol.3参照)、『土足でいいですよ』っておっしゃったんじゃないんですか?!」



大家「あー、いやそういうつもりは無かったですね。」



俺「はぁあ??!!じゃぁ何で土足の許可出したんですか!!!」



大家「えー、だって

 




別に私が住むわけじゃないしー いいかなって」

 

 




なるほどー こりゃ一本取られたわい♪




って


ちょっ、待てーーーーーーーー

い!!!!!


え、


いや、だって、


それはあまりにも、


え、


っていうか、


えぇええ?!

吉田君生まれて初めての経験にかなり茫然自失 怒りどころか殺意を通り越して何が何だか解らなくなるほどの衝撃でした 

いや、ホントに言ったんですよ 一文字も誇張してません

いやーどうしましょうこの人 本物です 世界遺産です 

俺はこんなモンスターを相手にしてたのか いかん 負けるな大佑 自分を奮い立たせるんだ!!

俺「えーっと… 
じゃぁとりあえずそのクリーニング業者さんに聞いていただけますか この畳は人住めますかって その返事待ちにしましょう いいですね?わかりましたか?」



大家「はーい わかりましたー☆」




痛い
 痛いぞコイツ でも確かにね 若い頃は結構可愛かったんだろうなって顔してたんですよ 
モテたんでしょうね 
その若さで大家って事は実家が資産家か 旦那が頑張ってるか 
どちらにせよあまり苦労とか世間の辛さとか 知らないで育ったんでしょうね 
幸せな家庭に生まれて 愛のある人生送って来たんでしょうね 
素晴らしいことです 
でも 
俺はそんな女 
大っっっっっ嫌いだーー!!!!!

言い過ぎました。ごめんなさい。
でも話は合わないです。確実に。

 

 




数日後、大家から連絡があり。

大家「業者さんから連絡ありましてー、『こんな畳じゃムリ』と言われました… だから畳も代えますねー…(不満そう)」



俺「あ、そうですかー じゃぁよろしくお願いしますー☆(当たり前じゃボケ!!)」



大家「それで見積もりも出して頂いたのでー 3月〇日には空け渡せるみたいですー」



俺「あ、ホントですか?わかりましたー!」




と、いうわけでやっと引越しの日時が決まりました!ルンルンです。
車も手配し、手伝ってくれそうな仲間達も集め、予定日までを慌しくすごしていた吉田君。
もちろんその時住んでた方の部屋の大家にも
「〇日には出るわ!!このボケぇ!二度と住むかこんな部屋!!」
とお伝えし、あとは予定日を待つばかり。

そんな引越し予定日まであと2日ほど、という時に大家から連絡がありました。



俺「??どうされましたー?あ、もしかしてカギの受け渡しのことですか?それだったら以前お話した通り…」



大家「あ、いや、そうじゃないんですよー、今クリーニング業者さんから連絡が入りましてー、」



俺「??え、なんですかー?」



大家「えーっと、何かー、台所の下の水道管が破裂してたらしくてー、




あと2、3週間程待ってもらう事になりますー☆」

 

 






この人はいったい何を言ってるんだろう

 

 





俺「いや…あの…もう全部準備しちゃってるんで… ちょっとそれは… 荷物だけでも…」

大家「いや、床下の工事なので床に何も置いとけないらしいんですよぉー。」

俺「いやあの… そうかもしんないですけど… 」

大家「 ?? 何かお困りのようですねー」

俺「……はい。(心の中で絶叫しつつ機関銃を乱射しながら)

大家「じゃぁ荷物だけなら他に空いてる部屋がありますのでー♪そこに入れておいて大丈夫ですよー☆」

俺「え??あ、そうですか??あ、よかったよかった、あ、はい、どうもありがとうございます!!それだったらなんとかな」

大家「でも住まないで下さいね♪




ギクリ




あくまで荷物置き場としてお貸しするだけなんで。」

俺「はい…。」


そんなわけで吉田君、約20日間程ホームレスとなりました。 


まぁツアー月間だったって事もあり半分くらいは東京にいなかったんですが、そうじゃない時は、まぁ、色々と、あ、しかも携帯持ってないから友達の家にも行けず、

えーっと、

すいませんこの時の話はできません

だって

日本には


住居侵入罪(不法侵入)という法律があるからね


春でよかったです

でもね 実際の話、

死ぬかと思いました(マジ)


ま、そんなこんなでえ~っと…


………………。

あの…ごめんなさい…

やっぱり無理です

すみませんが

『泣きのもう一回』使わせてください…


では次回こそ最終回です。 

スポンサーサイト

緊急更新


布谷、誕生日おめでとう!!!!

 

 

 





おめでとう!!!

 

 

 

 





おめでとう!!!

 

 

 

 

 





おめでとう!!!

 

 

 

 

 





…って

 

 






終わってん

 

じゃん!!!!

 

(現在19日午前2時)




こんな不束なギターですがこれからも何卒宜しくDEATH。

Haunted Mansion vol.3

おらぁ!!ネット弁慶の吉田様のお帰りだぁ!!



道を空けろ道を!!



酒を持てぃ!!!



肩を揉めぃ!!!




酢豚にはパイナップルだろうが このボンクラ共がぁぁ!!!



こんにちわみなさん。最近4回続けてコンビニ弁当の「はずして下さい」と書かれてる醤油などの小袋を付けたままチンしてる吉田です。

学習能力ZEROです。家のレンジの中がタルタルソース臭いです。


あ、ちなみにですねー、福岡で非常に情けない、自信無さげなMCをして『かわいそう…』と客席から同情されたのは俺じゃくぉらぁぁぁ!!!


九州はやっぱりアツかったっす。最高っす。そろそろ九州男児、きますよ。ちなみに厨房には立ちません。俺も立ちません。(←まだガスをひいてない)



そんな感じで続きです。あー部屋が片付かない。ってかツアーから帰ると必ず靴下が無くなってるのは何故でしょう。



さて、話はとんとん拍子で進み、いよいよ今日は部屋を見せてもらう日。
普通なら「どんなトコだろう?ワクワクしちゃう☆」となるハズだが、そんな期待はこれっぽっちもございません。

駅前で大家と待ち合わせ。大家さん(推定37歳・女性)は何故か子連れでした。


この辺から吉田君、ちょっと嫌な汗を背中に感じてました。


え、だって普通 物件を客に見せる時自分の子供連れてこねぇだろ 大丈夫かこの大家

 
何となく世間知らずな匂いを感じつつ大家さんの車で現場へ…



閑静な住宅街を抜け、目的地へ。アパートの前まで車が行けないので途中降りて、ちょっと歩いたところにその物件はありました。

う~む…



感じます 



ビシビシ感じます 




負のオーラを


凄いぞ 外観からかなり来てます 
周りは新興の住宅街なのにそのアパートだけ戦後です 
まるでそこだけ時が止まってるかのよう 
だってそのアパートの周りだけ雑草生えまくってます 
完全にこの辺の地価をひとりで頑張って下げてます

「こっちですぅ~」

部屋に案内してくれる大家さん(&その子供)。ってか今気付いたけどこの大家、やたら子供っぽいぞ 年不相応な喋り方するし すんごい箱入りっぽい 不安だ 部屋のドアのカギ穴にカギをさしこむ大家。

「?あれ??あれれ?」

…まるでお約束のように開きません…。

「ちょっと錆びついてますね~ えいっ!!」


バキッ



「さぁ どうぞ♪」



えぇ~ …… こんなに遠慮したい「さぁ どうぞ♪」は初めてだ 
促されて真っ暗な部屋に入ってみると



臭っっっっ!!!!!




カビ臭っっっっ!!!!!



思わず咳き込むくらいのカビの匂い。

「げほっ げほっ …え、この部屋、前に住人がいたのは何年前なんですか??」

「えーっと 
8年位前
ですね~☆」

俺が高校一年生の時から人が入ってないのか まるでこち亀の日暮の部屋のようだ



「どうぞお上がりになってみて下さ~い」



え… いや、この畳の上に靴下で上がるのはちょっと…



「あ、どうぞどうぞ靴のままで結構ですからー」



あ、そうですか。それなら。



※ちなみに↑の大家の発言が後で波乱を呼ぶことになる。



さて土足の許可をもらった吉田君、おもむろに畳に踏み出すと




グニャリ

 

 



………

 




腐ってやがる……



やだよー やだよー 
死体踏んでるみたいだよーー はっきり言ってもう帰りたい。



しかし、もはや何のわがままも言えない状況の吉田君、冷静さを何とか保ちつつ部屋を検証した。

落ち着いて見るとコンセントは2×2穴あるし(無いと思ってた)、押入れもかなり広い。備え付けのキッチンも思ってたより大分使いやすそうだ。

とりあえず今日は見るものは見たと判断し、出ようとしてドアの隣に何やらもう一個ドアを見つけた。

こ…これはもしかして…

「あ、そこ、トイレですよぉ~」


うわー 見たくねぇー
 

とにかくありえないような妖気を発してやがる

しかしこれはやっぱり見なきゃならん それが俺の宿命(さだめ)なのだ

恐怖に震えながらドアを引っ張る。

 



…………!!!!!



放送コードにひっかかったため、自粛させて頂きます




ちなみに写メ撮ってメンバーに見せたりしました。半端なかったっす。TVで見たイスラエルの戦場の難民キャンプのトイレを思い出しました。


必要以上に疲れ、言葉も無く、うなだれたまま現場を後にした俺。

帰り際、大家さんの車の中でダメ出しのような質問をする俺。



俺「洗濯機置き場とかって…」

大家「いやぁ 無いですねー」

俺「この辺にコインシャワーありますか?」

大家「え、無いと思いますよー。」

俺「………。ふーっ……(ため息)」

大家「いやー、ぶっちゃけたはなしぃ、


あそこは人が住む環境じゃないですよねぇー」

 

 



言いやがった

 

 




大家が言ってはいけない言葉第一位をサラっと言いくさりやがった凄ぇぞコイツ

どうやら俺が見るからに衝撃を受けてるのを見て同調してみたって感じだが、

明らかにその気の遣い方は間違ってると思います(泣)

完全に夢も希望も無くなった吉田君。こうして後は引越しするのみとなったが…

 



次回、最終回!
世間知らず大家 大暴れ!
次々と暴かれる部屋の真実!
そして感動のフィナーレ!
果たしてこれは本当にミュージシャンの日記なのか!
乞うご期待!

 

 




次で終わらなかったらどうしよう…書きたい事多すぎ…

梅雨ですって わーお


『今年も半分すぎたなぁ』とみんなが言う月間に突入です。

こんにちわヘアブレ大佑です。



最近夜眠れません。別に大した悩みがあるわけじゃないけども。

 

ってかもちょっと悩めよってくらいお気楽なのですけれども。

 

なのでかなり自己満な一人語りを展開中。

 



さて、最近久々に『ヘアブレ新聞』の記事を書きました。



内容は『大ブームの集団自殺について』です。(重っ!!)



いや、最近おかしいですよみなさん。日本。どうしちまったのかね。記事はスペースが決まってたので言いたい事の2割くらいしか書けませんでした。なのでちょっと補足。

 

 

 







大体集団でしか死ねない程 他人との関わりを求めてるのに 何で死ぬんですか 

そう この一言に尽きるよね。

 




何で死ぬんですか。

 

 




俺はあの練炭でバタバタ死んでいった人達を誰一人知りません。

だから悲しいとかは無いです。

『若い命を無駄にしおって!!』とか言う気も無いです。

じゃぁじーさんばーさんは死んでもええんか。

 


ただ、「?」マークが脳を駆け巡るだけです。

 



いや、死にたい気持ち、というのが理解できないわけでは無いですよ。お恥ずかしい事に俺も遺書っちゅうやつを5,6回書いた事があります。あぁ恥ずかしい。今までの日記の中で一番恥ずかしいわ。若気の至りでございやす。



要するに、何でそんな知らない人達と死ぬんですか。絶対嫌なんですけど。

ネットで知り合った?馬鹿かお前ら。安い。何処までも安い。



生きる価値?



意味?

 



そんなもん、全部初めっから無いんです。



無いんですよ。最初っから。求める事自体間違い。だから俺達は

 




ああぁぁ もういいや。すいません前言撤回。強がってました。



悲しいです。すぐ自殺のニュースが聞こえてくる今が。



もうやめましょうよ。死ぬとか。もうホント嫌。死んだ人達を誰一人知らないし、いい子ぶってるわけじゃないけど、



自殺とか、本当に嫌です。彼らは否定して逝ってしまったわけで。俺らを含めた『世界』を。何で?何で?



どうか、どうかみなさん死なないで下さい。

 



……何だこの日記。落ち着け俺。

 




もうやめよう。明日から九州だし。激楽しみ。引越し編vol.3は帰ってきてから書きます。ではでは。

 

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。