スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田的ライブレビュー ~はじめてのひぐらし~

11月16日(はれ)

 

今日は、「しぶや」にライブをみにゆきました。

 

ほんとうはつかっちゃいけないエレベーターをこっそりつかって、その「オー・クレスト」とゆう「ライブハウス」にいきました。そのときいっしょにいった和田君は「ないしょだぞ」といいました。ぼくは「うん」といいました。「おとこどうしのやくそく」です。

 

「ライブハウス」の中にはたくさんひとがいました。布谷君と大坪君もいました。ぼくは「アルコールちゅうどく」なので、ライブがはじまるまえにビールをかいました。いつもはバイトのじかんたいにさけをのむのはさいこうです。

 

ライブがはじまると、「ライブハウス」の中の空気がかわったのがわかりました。

 

ステージの上にいる人たちがいっしょうけんめいぼくたちに何かをつたえてきました。それはむかしのふうけいだったり、生きていく上でおこる「かっとう」であったり、また「よろこび」であるようにおもいました。どれもぜんぶ人生においてだいじで、すてきなことばかりだなっておもいました。

ステージの上にいる人たちのまっすぐなおもいがとてもここちよかった。こころのそこから見れてよかったとおもいました。こんなライブをやりたい、ひゃくまんかいやりたいとおもいました。

 

でもギターのお兄さんはとてもいじわるそうなかおをしてました。こういうひとが「おれおれさぎ」とかするんだろうなっておもいました。

 

あと、うたのお姉さんはとてもはでなかおをしてました。「こんなはでなかおなのに、こんなにうたがうまいってすごいなぁ」とぼくはおもいました。

 

かきわすれてましたが、このバンドの名前は漢字2もじでした。

 

でも、ぼくにはむずかしくてよめませんでした。

 

だけど、あのばにいた人たちのこころにはこのバンドがふかくきざみこまれたとおもいます。これからもずっとこのバンドをみていきたいとおもいました。おわり

 

 

 

…やばい、このスタイル癖になりそう(笑)。

スポンサーサイト

君に、幸せ、あれ。

実は…

 

俺、最近…

 

「カラオケ行きたい病」と言う重い病気にか(略)

 

はいすいません どおもこんにちわ吉田です めっこり寒くなってきましたねー

「人肌恋しい季節」とよく言いますが 俺はそれよか人肌な温度に仕上げた熱燗の方を欲してます 何年か前に呑んだ「久保田」は最高でしたぜ

 

最近寝ても覚めてもカラオケのことばかり考えてます 俺はどうやら寒い時期になるとカラオケに行きたくなる傾向にあります

 

 

カラオケと言えば思い出すあの光景

 

大学2年のころ仲間5人で行きました

 

男5人で上半身ハダカで

 

狭いBOXの中で汗まみれになって

 

ソファーの上で飛び跳ねながら

 

「♪リンダリンダーーー!!♪」

 

最後はみんなで肩を組んで

 

『乾杯』を泣きながら唄いました

 

これぞ青春

 

 

4年経った今、彼らとはめっきり連絡を取ってません

 

たーやん、かすが、のり、りゅうちゃん

 

みんな立派に就職していきました

 

でも3日ぶりに会っても

10年ぶりに会っても

お互いの距離は変わらない。

 

友達という存在のそういうとこ、救われます。

 

 

今でもとびきり愛してるぜおめーら。

どうか幸せになっておくれ。

あ”--------

引っ越してぇーーー

しかし敷金・礼金無いぇーーーー

でもレオパレスは藤原紀香がついてくるから嫌だーーーーー

 

みなさん知ってますか 前に見つけたんですけど下北におっしゃれーなアパートがあるんですよ

その名も「メゾン・ド・カプチーノ」

 

すごいっしょ おしゃれっしょ その名前最強 満点ですか?はい満点です。

おしゃれな都内生活を夢見て上京はや5年 実家にいた頃よりおっさんくさい生活をしてるのは何故でしょう

 

おしゃれだ 間違いない

 

俺に足りないのはおしゃれな生活だ

 

この前実家に帰った時に 友達におしゃれな飲み屋に連れてってもらいましたが

そんな場所でも声高らかに  「ナマ中ひとつ!」とオーダーしてみました そしたらビールをコリンズグラスに注いでもってきやがった

「おめぇんとこに店ではこれをジョッキっつーのか?あぁん?取っ手がついてねぇじゃねぇか 取っ手がよぉぉ!!!!」

とはいいませんでしたよ もちろん

「やっぱいい店は泡が違うよね 泡が」とか適当ぶっこいてみましたおしゃれ大ちゃん

年を重ねるごとに嘘を言うときの口がどんどん滑らかになるのは俺だけでしょうか

 

 

とにかく「メゾン・ド・カプチーノ」間違いない 立地も最高 いつか住んでやる

っていうわけでまた夢がひとつ増えました 夢というものは増えれば増えるほどよいものです 俺は幸せだなぁ つーか俺の脳が幸せなんだな たぶん

 

しかし ひとつ心配なことがあります

 

吉田大佑 

 

コーヒー飲めません

 

理由は苦いからです 「お砂糖いくついりますか?」と聞かれたら迷わず「年の数だけ!!」と答えます

 

つーわけでカプチーノも当然飲めません だめかな やっぱり 入居審査で落とされるよね 「うちはカプチーノ飲めない人はちょっとねぇ~」って言われるんだぜ そんなこと言われたら泣いて帰るしかねえよ

 

しかし俺ももういい年した男だ 珈琲のひとつも飲めんでどーするか だから今日 気まぐれに缶コーヒー買ってみました

 

苦い…

 

いや、苦いだけならいいんですよ

 

俺の場合、胃腸にくるんです

 

だから今おなかがしくしく痛いです もういやこんな身体

 

 

何が一番いやって

 

その日の日記を終えるタイミングがいつも判らないことが辛いです。本音です。毎回長くてすいません。

吉田大佑のヒーロー列伝 vol.1

下らない議論が好きだ。結論を出したところでその後の人生に全く影響がなさそうなやつ。しかし、そんな中にもたまに真理が隠されてるから面白い。

 

そんな下らない俺の今までの議論の中に「ルパン論争」と言うものがある。

 

要するに「ルパン三世」の登場人物のなかで誰が一番好きか、というものだ。ちなみに不二子は議論対象より除外する。あれは「ドラえもん」で言うところの出来杉君にあたる。『個性よりもまずパーフェクトであること』という前提で作られたキャラに関して議論するのは意味が無い。まぁ、別の意味で好きな野郎共は星の数ほどいるだろうが。俺を含めて。つーか結婚してくれ。

 

友達と最初にこの話になった時、俺ははっきり言って興味が無かった。意見が分かれなさ過ぎて議論にならんよ、と思ったからだ。だがその議論を紛糾させ、論争の域にまで昇華させたのは意外にも俺だった。その場がある結論に、まるで当然かのように、収束していくのが体中の血液が逆流すろほ納得いかなかったからだ。

 

彼らは言った。「やっぱ次元だよねー」

 

そう、俺以外の人間が全て次元大介を挙げたのだ。

 

 

ふ、ふ、ふ、

 

 

ふじゃけんなーーーーーーー!!!!!!!!

 

ルパンに決まっとろうがーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

この時のことを考えると今でも胸が熱くなる。

何か、『俺』を全否定されたかのような錯覚に陥った。

と、同時に「あぁ、俺はこんなにもルパンを敬愛していたのか」と不思議な感傷が身を包んだのだ。

 

何故だ?あの物語において次元が何をした?いや、別に俺も次元が嫌いなわけじゃない。素晴らしき相棒であり、名脇役だと思う。しかし、一人では何も出来ないではないか。ガンテクニックが凄い?ルパンだってすごいわドアホ!!

さらに付け加える友達たちが次元の次の推したのが五右衛門だった。だからなんでだよ!お前らルパンがそんなに嫌いか!?五右衛門なんてたまに現れてふんどしとか切って「またつまらぬものを(略)」とか言うだけじゃねぇか!!

 

理解に苦しみ、必死な形相でルパン擁護論を展開する俺にその場にいた女の子がぼそっと一言。

「だって… あの二人にあるクールでニヒルな面がいいんだもん… ルパンにはないじゃん」

 

かっちーーーーーん!!!!!!

てっぺきたーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

こ、こ、こ、このあwるい9えhgんんfきえr!!!!!!!(怒りで言葉にならない)

 

この日記を使ってルパンの素晴らしさを説くのは簡単だ。しかしそうすると一週間ほそ俺の日記はルパンだけになってしまうのでやめておく。

 

だけどヒール(悪役)&ピエロ(道化)。この2側面を自ら請け負う人間が本当は一番優しい人間だということだけはわかってほしい。

 

文句あるやつはいつでもきやがれ。いつでも相手になったるわい。ルパンは俺が守る!!!!!!(勘違い)

 

 

 

まぁ、「カリオストロ」くらいしか覚えてないんだけどね。エセとか言わないで下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。